ダイヤモンド入り結婚指輪が選ばれる理由

結婚指輪は、夫婦となる男女が永遠の愛を約束する証として、結婚式に交換し合う指輪です。
結婚指輪のデザインは多種多様なものがありますが、その中でも最もポピュラーで皆に選ばれているのが、ダイヤモンドをあしらった結婚指輪です。
ここでは、結婚指輪にダイヤモンドが選ばれる理由について、ご説明します。
ダイヤモンドが選ばれる理由として、その性質や石の持つ意味などに理由があります。
ダイヤモンドは宝石の中でも、最も硬くて壊れにくい石として有名です。
また、ダイヤモンドの石言葉は、純潔、永遠の絆、純粋無垢という意味があります。
そういった事から、夫婦の愛が永遠に壊れない、夫婦の絆を深めると言われており、結婚に最適な石として、皆に選ばれ続けているのです。
また、ダイヤモンドは硬くて丈夫な他、薬品や光線にも強く、他の石と比べ劣化があまり見られません。
お手入れが少なくても永遠に輝き続ける石である事から、皆に愛され続けているのです。