結婚指輪の歴史と込められた意味

結婚指輪は、結婚する男女が結婚する証として取り交わす指輪です。
ここでは、結婚指輪の歴史と意味について、ご説明します。
結婚指輪は、9世紀にニコラウス1世が妻に指輪を贈った事が始まりと言われています。
1027年のミュールの起源には、花婿と花嫁が指輪交換をしているとも記されています。
結婚式での指輪交換が定着したのは、11世紀とされており、日本には江戸時代後期に伝わり、定着したのは高度経済成長期頃です。
結婚指輪は丸い形状の輪である事から、永遠に途切れる事のない愛を意味していると言われ、夫婦の愛が永遠に続くようにとの願いを込めて、指輪の交換がされるようになりました。
また、古代ギリシャでは、左手の薬指は心臓に繋がっていると考えられていた事から、お互いの心を強く結ぶものとして、薬指に着けるようになったのです。
夫婦が離れていても相手を近くに感じられる、2人の愛を守ってくれるお守りとしての役割もあるのです。